誰にでもわかるカルテの電子化とクラウドの利用方法

クラウド型電子カルテという言葉をみなさんはご存知でしょうか。これは、院内のサーバーのみという閉じたネットワークではなく、インターネット回線を用いた提供システムを利用する電子カルテのことをいいます。院内にサーバーを設置する方の電子カルテを導入型電子カルテと言いますが、クラウド型は導入型よりも低コストで利用できます。その理由は、専用サーバーを置く必要がないので初期費用が抑えられること、またシステムのバージョンアップがクラウド上ででき、その費用もかからないことなどが挙げられます。ほかにもスマートフォンやタブレットがあれば院外でも利用可能であること、電子カルテの増設も容易にできること、サーバーを置くスペースがいらないことなどがメリットとしてあります。スマートフォンやタブレットが当たり前になった現代で、今注目されているのがクラウド型電子カルテなのです。

クラウド型電子カルテのデメリット

とはいえ、クラウドを用いた電子カルテにもデメリットはあります。まず安全性に不安があることです。患者の個人情報という極めて重大な情報を、インターネットを介して利用するため、常に危険と隣り合わせの状態となります。よってカルテのデータの送受信の際は、簡単には破られないような高度な暗号化が不可欠となります。次にシステム環境を自分で持たないことです。これはメリットでもありデメリットでもありますが、専用サーバーを院内に置かないということは、システム不備が起こったときは全て運用会社に任せなければならないということなのです。何か障害や故障が発生した時には、復旧に時間がかかる恐れがあります。また、インターネット回線を利用したカルテですので、インターネット環境にない場合にはもちろん使えなくなります。こういったリスクも考慮してクラウド型電子カルテを検討する必要があります。

クラウド型電子カルテは在宅医療に有効

クラウド型電子カルテの機動力が最も発揮されるのが在宅医療の現場です。居宅・施設の患者にかかわらずカルテを利用でき、連携している在宅療養支援施設間で情報の共有が可能なので、コミュニケーションを行いやすくなります。また、患者の入所している施設の情報や訪問スケジュールも併せて管理することができます。在宅医療を提供する病院は主に中小規模の病院で、うまく使いこなせないのでは、コスト高になるのでは、と思われがちですが心配はいりません。すでに導入した病院からは「往診先で情報共有ができる」、「透析がとてもやりやすくなった」という声があがっており、その有用性が証明されています。クラウド型電子カルテは間違いなく在宅医療に必要なものとなることでしょう。迷われている方はぜひ導入を検討してみてください。