クラウドを利用した電子カルテのメリットとデメリット

電子カルテとは、従来医師や歯科医師が診療の経過を紙のカルテに記入していましたが、それを電子化したものになります。電子的なシステムに置き換える事で、多くのメリットがあります。電子情報として一括してカルテを編集、管理し、データベースに記録する為、膨大な量のカルテを管理できます。紙のカルテはかさばりますし、手書きなので場合によっては判読できなくなってしまいます。紛失のリスクもありますし、特定のカルテを探し出すのに時間がかかります。そのデメリットを、電子カルテは克服しています。端末とネットワークがあればどこからでもアクセスできる為、カルテがある場所まで移動するという手間も省く事ができます。これにより時間短縮ができますので、受付から会計までの流れがスムーズになります。では次に、クラウドを利用した電子カルテについて見ていきましょう。

電子カルテのクラウドを管理するメリット

電子カルテのデメリットを見ていきましょう。まず、医師や看護師などが電子カルテの操作に慣れる必要があります。高齢の場合は難しくなるかもしれません。次に、導入費用が高いという事です。費用が掛かるという事は、個人院などでは難しくなるケースもあります。電子的なものですので、停電にも弱いです。大きな総合病院などでは非常電源がありますが、医療機器に優先的に回される為、電子カルテは後回しになる事も考えられます。しかしこういったデメリットを考慮しても、メリットの方が上回る場合、電子カルテを導入します。そこで選択肢に上がるのが、クラウド型です。クラウド型はインターネット回線を通じて提供されるシステムサービスの事です。つまり、院内だけでなく外出先でもカルテの閲覧が可能になるのです。

クラウド型の電子カルテのメリットとデメリット

クラウド型の電子カルテは、院内にカルテのサーバーを設置する必要がありません。そのため、何処からでも電子カルテにアクセスできます。また院内にデータを残しておく事が無いため、紛失のリスクも少なくなります。更に、バックアップや更新作業などのメンテナンスからも解放されます。サービスを提供している会社によって多少異なってきますが、セキュリティは非常に高くなり、安心して利用する事が可能です。但し、費用なそれなりにかかります。クラウド型ではない電子カルテに比べると、高額になる事が多いです。そして、利用できなくなる要因に関しては停電だけでなく、インターネット回線の不通や通信機器などの故障なども入ってきます。いずれにしても時代は電子カルテが主流になり始めており、導入にはメリットデメリットとありますが、メリットの方が上回っているという事になります。